EVENTS

ヨガ瞑想文化院の紹介

KANBINAヨガ瞑想文化院は日本HM㈱がCSR(Corporate Social Responsibility企業の社会的な責任)の一環として設立した道場(修行の場所)であり、伝統文化交流の場でもあります。
文化院の多様なイベントを通じて、会社の収益の一部を社会に還元し、⎾みんなでKANBINA世界を築き上げ、KANBINA人生を成す⏌という企業の価値を実現するのです。
文化院は各種ヨガ瞑想のイベントやフェスティバルを開き、様々な国と民族の伝統文化を体験する場も設けます。
今後は、ヨガ瞑想の国際交流会も開催する予定です。なお、助けと応援を必要とする人達のために色んな応援活動も展開して参ります。
もっと重要なのは真に実証を目的とした修行者に良い修行場を提供し、究極の修行の目的を成し遂げるように支援したいと思います。
文化院の各種イベントに参加される皆様方がヨガと瞑想と伝統文化を体験し、暮らしの活力の源を見つけて、心身ともの健康を守り、甘美な人生を成すように心からお祈りします。

『2023年国際ヨガデーKANBINA』を 大阪市西成区の区民センターにて6月24日に開催

『2023年国際ヨガデーKANBINA』開催の背景

日本HM株式会社は、会社のCSRの一環として2022年6月「KANBINAヨガ瞑想文化院」を設立し、会社のお客様と地域の住民に向けて、無料のヨガレッスン、食の安全説明会、インド古典舞踊の体験会などのイベントを提供してきました。今年の国際ヨガデーを迎えて、より多くの方に楽しいヨガと瞑想を体験し、食の安全に対しての情報共有のために6月24日(土)に大阪市西成区の区民センターで『2023年国際ヨガデーKANBINA』を開催することにしました。毎年6月の国際ヨガデーイベントは年中一番重要なCSR活動として行われます。

『2023年国際ヨガデーKANBINA』について

「KANBINAヨガ瞑想文化院」は多様な無料の文化イベントを通じて、会社の収益の一部を社会に還元することを目的にしております。参加者皆様がヨガと瞑想を手軽に体験し心身のバランスを整え、さらに食品安全、食養生などの知識を共有して、自分の健康は自分自身が守り、甘美な人生を成すことを目標として活動しております。

ヨガ瞑想フードを提供している会社として、今年の国際ヨガデーを迎えて、より多くの方に手軽にヨガと瞑想を同じ場で体験する場を設け、食品安全情報も共有するため『2023年国際ヨガデーKANBINA』を企画しました。

金田CEOは「質の高いイベントのために業界で有名な二人の先生を招待し、本格ヨガと瞑想を体験することにしました。参加する方達が、ヨガと瞑想で日常の煩雑を離されて、心身をリフレッシュし、食の安全について見直す機会になればと願います」と語りました。

■開催概要

イベント名 : 『2023年国際ヨガデーKANBINA』

開催日時  : 6月24日(土) 9:20~12:20

会場    : 大阪市西成区区民センター

(〒557-0041 大阪市西成区岸里1-1-50)

アクセス  : Osaka Metro四つ橋線「岸里」駅 すぐ

Osaka Metro堺筋線、南海本線・高野線「天下茶屋」駅 徒歩5分

参加費   : 無料

参加条件  : ユーザー、地域の住民(初心者もOK,お子さんは7歳以上)

持ち物:  ヨガマット、飲み物、動きやすい服装

定員    : 30名

主催    : KANBINAヨガ瞑想文化院; 日本HM株式会社

申込方法    :チラシのキューアールコードスキャンもしくはinfo@kanbina.jp

<イベント内容>

受付:9:20~9:40

第一部:9:55~10:35 楽しい呼吸瞑想

第二部:10:45~11:35 Shantiヨガと音ヨガ

第三部:11:40~12:10 ヨガ的な食事&食の安全知識の共有、ヨガ瞑想フード試食会

片付け&解散12:10~12:20

皆様の参加をお待ちいたします。

 

最近のイベント